【初心者向け】YouTubeサムネイルをiPhoneで簡単に作る方法

サムネイルの作り方YouTube
サムネイルの作り方

YouTubeチャンネルを作ったら、動画とセットで準備したいのが、サムネイル。


サムネイルは、「お見合い写真」や「看板」のようなもの。
視聴者を惹きつけて、動画を視聴してもらうための入り口ですから、非常に重要ですよね。

私も、2016年からYouTubeを始めて、サムネイルについても、色々試行錯誤してきました。


サムネイルを作成するツールも、いくつか試してきましたが、今回ご紹介する方法ならば、初心者の方でも作りやすいと思います!

✔デザインの知識がなくても、大丈夫

✔サムネ(サムネイル)のサイズ変更(1280×720ピクセルへ)もラクラク

✔用意するのは、iPhoneとアプリ2つだけ!



では、初心者という方でも、作りやすいように分かりやすく解説していきま

【初心者向け】YouTubeサムネイルをiPhoneで簡単に作る方法

サムネイルを作るためのアプリ2つを用意する

まずは、次のアプリをダウンロードします。
基本は無料で使えますよ。(素材や機能により、一部課金もアリ

その1. Over

Over写真のサイズ修正


YouTubeのサムネイルは、写真のサイズが決まっています。⇒ 1,280✕720ピクセル

撮影した写真は、大抵の場合、縮小する作業が必要です。

この作業を、「Over」というアプリで行います。

以下より、Overをダウンロードしてくださいね♪

Over
https://apps.apple.com/jp/app/over-graphic-design-maker/id535811906

その2.Phonto 

Phonto写真の文字入れ

Phontoでは、主に写真の自動加工と、文字入れをします。

写真の自動加工について

写真の加工と言っても、アプリが自動でやってくれるから、心配要りません

インスタで写真をアップするとき、フィルター機能を使うと
写真の明るさコントラストなどをアプリが自動で加工し、オシャレな感じに整えてくれた画像が20数パターンほど表示されますよね。

そのパターンの中から、気に入ったものを選んで写真を投稿しますが
それと同様の機能が、このPhontoにはあります!

実は、前述のOverにも、同様の自動写真加工の機能もあるのですが、私はPhontoの方を使っています。

理由は、Phontoの方が私の求める雰囲気に画像加工してくれるから。

PhontoとOverを比べていただいて、好みの方をお使いくださいね!

文字入れについて

Phontoは、フォント(書体のデザイン)が豊富

その他にも、以下の文字加工ができますよ!

  • 文字の縁取り
  • 背景に下地カラーを置く
  • 文字のグラデーション

以下より、Phontoをインストールしてくださいね♪

▶Phonto

‎Phonto 写真文字入れ
‎Phontoは画像に文字を挿入することができるシンプルなアプリです。 ・ 400種類以上のフォントが利用できます。 ・ 40種類の日本語フォントが利用できます。 ・ 好きなフォントをインストールして利用できます。 ・ 縦書きに対応しています。 ・ 文字のサイズを自由に変更できます。 ・ 文字の色を自由に変更できま...

準備が整ったら、実際にサムネイルを作っていきましょう!

Overで画像のサイズを修正する

画像を開く


Overを開き、画面下側の中央にある『+』をタップします。

imageをタップします。

Overで画像サイズを修正する



iPhoneの写真フォルダが開くので、今回使用する写真をタップします。

画像のサイズを変更する

画面下側に、InstagramやTwitterなど、各メディアのアイコン画面が表示されます。
画面を左へスワイプすると、YouTubeのアイコン画面が表示されます

YouTubeアイコン画面は2つ表示されますが、右側のアイコンをタップします。

このアイコンを選択するだけで、自動的にサムネイルの推奨サイズ(1280×720ピクセル)へ変換されます。
ラクラク♪


画面上部には、「1280✕720」と画面サイズが表示されます!

画面右上の「✔」をタップします。



画像のレイアウトやサイズを調整する

点線部分が、この画像のサイズです。

サンプル画像の場合、横方向はサイズがぴったりなので、そのままとします。

縦方向は、元画像のサイズが大きめです。

だから、縦方向の位置を修正することができます。
上下方向にスワイプしながら丁度良い位置を決めます

*上部にある「↰」アイコンをタップすると、今やってた操作をキャンセルできます。
 一つ前の状態に戻すときに使います。

決定したら、画面右上の❻のアイコンをタップします。

データを保存する

画面のサイズとレイアウトを決めたら、画面左下のSAVEアイコンをタップすると
データが保存されます。

データは、iPhoneの写真フォルダと、アプリのサーバーに保存されます

Phontoで「画像を自動加工で整える」「文字を入れる」

画像を自動加工で整える

加工する画像を開

Phontoを開き、画面下にあるカメラマークのアイコンをタップします。

▶iPhone内の「写真」フォルダの画像を使う場合

画像の保存されているファイルをタップします。


指定した保存先が表示されるので、該当フォルダをタップして開きます

サムネイルにする画像をタップします。

▶その場で撮影する場合

「カメラ」をタップし撮影します。
画像は、そのまま取り込めます。

自動加工された画像の中から「好みの画像」を選ぶ

Instagramのように、自動加工された画像が、画面の下側に表示されます。
 
左へスワイプしながら好みの修正画像(*)をタップ
次に、右上の「完了」をタップします。

(*)もちろん、修正しないで、元画像をそのまま使っても構いません。

文字を入力する

中央の写真の上をタップすると、「文字を追加」と表示されます。
その表示部分をタップします。

文字入力をして「文字寄せ・方向・フォント(文字書体)」を整える

❶まず、文字入力をします。

「文字揃えの位置」「文字の入力方向」を選択します。

【初期設定】

  • 文字揃え   ⇒「左寄せ」
  • 文字入力方向 ⇒「横書き」

となっていますが
  それぞれのボタンをタップすると、変更できます

フォント(文字の書体)を修正する

  上記画面の「フォント」をタップすると、フォント(文字の書体)を変更できます
 
  オレンジにハイライトされているのが、現在のフォントです。
 
  好みのフォントをタップで選択します。

フォント選択が済んだら、右下の「完了」をタップします。

その他の機能説明

文字を一旦入力したら、入力した文字上をタップしてみましょう。

すると、黒いボックスに6つのボタンが表示されますので、説明します。

【6つのボタンの機能】
文字  :文字入力・文字寄せ・文字の方向性の設定・修正
フォント:書体の設定・修正
スタイル:文字装飾の設定・修正
サイズ :文字の大きさ設定・修正
移動  :文字のレイアウトの設定・修正


スタイルに関しては、情報量が多くなるので、別の記事で解説します。

ここでは、「サイズ」と「移動」について、説明します。

文字のサイズを修正する

上図の「サイズ」をタップします。
 
 スライドバーの白い●を、左(ー)右(+)に動かすか
 もしくは右にある「ー」「+」ボタンをタップして、サイズを調節します。

文字のレイアウトを修正する

上図の「移動」をタップします。

すると、以下のような画面が表示されます。

❶各三角のボタンをタップすると、文字の位置を上下左右に移動できます。

❷左側の「→A←」:横方向のセンター揃え
      ↓
 右側の「 A  」:縦平方向のセンター揃え
      ↑
❸「レイアウト」ボタンをタップすると、用意されたレイアウトパターンの中から
  文字の表示位置を設定することができます。


以上により、文字の体裁を整えたら、データを保存します。    

データを保存する


 右下のボタンをタップ します。


画像の保存先を選択します

私は、「写真フォルダ」に収めていますが、扱いやすい場所に画像を保存します。

【保存先例】
”ファイルに保存” iCloud や、iPhone内に保存
”画像を保存”   ⇒ iPhoneの「写真フォルダ」に保存

終わりに

以上が、OverとPhontoを使った、サムネイル作りの基本的な流れでした。

Phontoの文字装飾など、今回ご紹介できていない細かい点は、別の記事でご紹介します。

わかりにくかった点など、コメントでフィードパックいただけると幸いです!

初心者の方でも簡単にサムネイルを作れますので、お試しくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました