YouTubeの【字幕】を効率的に付ける方法

YouTubeの字幕の付け方サムネイルYouTube

こんにちは!アユミーノです。


YouTubeチャンネルへ新たな視聴者を増やす方法は、いくつかあります。
その1つが、多言語の字幕を入れてワールドワイドに展開する戦略です。


海外まで視聴者を増やせたら、数字の規模感が全然違いますものね!


実際に字幕を付けようと思ったけど、やり方がよく分からない


といった方に向けて、この記事をお届けします。


YouTubeの字幕を付ける方法や手順はいくつかあるのですが。


私は、効率化を優先させたいので、次のような方法で行っています。

動画の公開後に日本語が自動翻訳された後で、
日本語翻訳の修正➡自動翻訳➡多言語の字幕を付ける



この方法で行うメリットは、タイムスタンプ(字幕を表示するタイミング)の設定を手動で行う必要がないので、その分の工数が短縮できます。



微修正は、必要ですけどね。


それでは、早速はじめていきます。

YouTubeの【字幕】を効率的に付ける方法

YouTubeの字幕を付ける方法

はじめに、今回ご紹介するYouTubeの字幕を効率的に付ける手順を書きます。

  1. 動画を公開する
  2. 自動翻訳の日本語字幕とタイムスタンプの不具合箇所を修正する
  3. 日本語字幕をダウンロードする
  4. 日本語字幕データをDeepLで他言語に自動翻訳する
  5. 翻訳した言語をYouTubeへアップロード(多言語展開)する

では、順番に解説していきます。

動画を公開する

まず、動画を公開します。

公開後、しばらくするとYouTubeにより動画の音声が自動翻訳されるので、終了しているかを確認します。

  1. YouTube Studioを開き、左メニューの「コンテンツ」から該当動画をクリック
  2. 左メニューから、「字幕」をクリックし、自動翻訳の完了を確認します。


 





右側の画面の「字幕」欄に、「自動翻訳」が表示されいれば日本語の翻訳が完了しています。

字幕の自動翻訳確認


動画の長さや音声の量によって、自動翻訳される時間は変わってきます。

もし、表示されていなければ、しばらく待ちましょう。

自動翻訳の日本語字幕とタイムスタンプの不具合箇所を修正する

自動翻訳を開き、翻訳内容を修正していきます。

「複製して編集」をクリックします。

すると以下のような画面が開きます。



【画面の構成】
左上:自動翻訳された「字幕」と「タイムスタンプ(T1・T2)」の修正・削除・追加ができる
右上:動画再生画面
下 :タイムライン上で「タイムスタンプ」の始まり(T1)と終わり(T2)を修正できる

ここでは、字幕(日本語の翻訳)の修正および追加と、字幕表示のタイミングを修正をします。

字幕の修正

自動翻訳は、現時点では残念ながら、修正が必要です。
動画を再生しながら、左上a部のテキストを修正します。

字幕の削除

不要な字幕があれば、削除します。

該当する字幕の、テキストボックスとタイムスタンプの間にカーソルを持っていきます。
「ゴミ箱」が表示されるので、クリックすると削除できます。

字幕の追加

字幕を追加する場合には、追加したい場所にカーソルを置くと、「+」記号が表示されます。

クリックすると、新しいテキストボックスが開きます。

ただし、サンプル画像のように、タイムスタンプ間が詰まっていると、挿入できません。
その場合には、前後のタイムスタンプの時間を縮めて、空きを作ってから字幕を追加します。


タイムスタンプの修正

次に、タイムスタンプ(音声に合わせ、字幕を表示させるタイミング)の修正をします。

タイムスタンプの修正方法は、2つあります。


【方法1】

左上のタイムスタンプの数字を、直接修正する方法

【方法2】

画面下のタイムラインのボックスをスライドさせても、修正できます。


字幕を表示する起点・終点の移動
下の画像だと音声の起点は、赤い補助線部分になります。

カーソルを起点部分にもっていって、矢印が「↔」に変わったら、右にスライドさせ音声の起点に合わせます。


字幕の移動
カーソルが以下のような4方向表示になっているときは、字幕を左右に移動できます。

日本語字幕をダウンロードする

日本語の字幕と、字幕を表示させるタイミング設定(タイムスタンプ)の設定を整えたら、日本語の字幕をダウンロードします。

画面上部の「・」が3つ縦に並んだ部分をクリック

「字幕をダウンロード」をクリック

字幕のデータにファイル名を付け、任意の場所に保存します。


ファイルを開くと、以下のような「タイムスタンプ」と「字幕テキスト」で構成されたデータが表示させるかと思います。

【ファイルの内容】
T1:字幕表示の開始時間
T2:字幕表示の終了時間
字幕テキスト

タイムスタンプと字幕のデータ

日本語字幕データをDeepLで他言語に自動翻訳する

次に、日本語翻訳をベースに、他の言語へ自動翻訳していきます。


自動翻訳ツールも、色々ありますが私は「DeepL」を使っています。


ちなみに、DeepLでは以下の言語翻訳が可能です。

英語、イタリア語、エストニア語、オランダ語、ギリシャ語、スウェーデン語、スペイン語、スロバキア語、スロベニア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、ハンガリー語、フィンランド語、フランス語、ブルガリア語、ポーランド語、ポルトガル語、ラトビア語、リトアニア語、ルーマニア語、ロシア語、中国語



では、次に多言語に翻訳していく方法を説明します。
手順は、以下の通りです。

  1. 日本語字幕ファイルを開き、全テキストをコピーする
  2. 日本語字幕データをDeepLに貼り付ける
  3. 変換する言語を選択し自動翻訳する
  4. 翻訳データをダウンロードする



では、順番に解説していきます。

1.日本語字幕ファイルを開き、全テキストをコピーする

前述でダウンロードしたファイルを開き、全テキストをコピーします。

2.日本語字幕データをDeepLに貼り付ける

DeepL翻訳ツールを開き、コピーした日本語字幕データを左のボックス内に貼り付けます。

3.変換する言語を選択し自動翻訳する

右画面で、変換する言語を選択すると、自動翻訳が生成されます。

4.翻訳データをダウンロードする

翻訳が表示されたら、右画面下のアイコンをクリックして、翻訳テキストをコピーします。

そのデータをメモ帳などの、テキストエディタに貼り付け、データ保存します。
拡張子は、txtで結構です。

翻訳した言語をYouTubeへアップロード(多言語展開)する

さあ、最後のプロセスです!
翻訳したデータを、YouTubeへ取り込んでいきますよ。

手順は、次の通りです。

  1. YouTubeStudioに入り、左メニューより「字幕」をクリックする
  2. 該当の動画をクリックし、「言語を追加」より対象言語を選択する
  3. 該当の字幕ファイルをアップロードします

では、詳細を説明していきます。

1.YouTubeStudioに入り、左メニューより「字幕」をクリックする

左メニュー「字幕」

2.該当の動画をクリックし、「言語を追加」より対象言語を選択する

右画面に、アップロード済の動画が表示されますので、該当動画をクリックします。

すると、以下のような画面が表示されますので、「言語を追加」ボタンより、対象となる言語を選択します。

3.該当の字幕ファイルをアップロードします

❶画面左上の「ファイルをアップロードをクリックします。


❷字幕のファイル形式は、「タイムコードあり」を選択します

❸アップロードするファイルを選択します

❹ファイルがアップロードされ、字幕とタイムスタンプが設定されます。
 確認後、右上の「公開」ボタンを押すと、字幕が設定されます。



多言語の字幕設定は、以上です。
他の言語も、3・4のプロセスを繰り返しながら、設定していきます。


最初は、面倒に感じますが、慣れてくると作業スピードも上がりますので、しばらく頑張ってチャレンジしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました