【初心者向け】YouTube動画の作り方「全体の流れ」を解説

YouTube動画の作り方YouTube

こんにちは!アユミーノです。

「これから、YouTubeに動画を投稿してみたい。動画を作るに当たり、全体の流れを知りたい」


今回は、こんな疑問をお持ちの初心者の方向けの記事をお届けします。


私は、チャンネル運営の裏方として、4年間で約230本の動画を作ってきました。
他の実験的なチャンネルも含めると、400本は超えています。


経験を積むにつれて、動画の作り方も変化してきました。

比較すると、こんな感じです。

▶始めたばかりの頃

「何も考えず撮影→編集→公開の3ステップ」



▶5年目を迎えた今

「企画・撮影準備・公開準備も加わり、6ステップ」


最初の頃より、撮影前の準備に時間をかけるようになりました。
その理由は、準備が一番重要だからです。


例えば、撮影中に必要なモノが揃ってない必要なシーンを落としているなんてことになったら、せっかくの撮影が、台無しになってしまいます。


私は、これまで数々の失敗もしたし、だいぶ遠回りをしてきました。


これから始める方は、私のような回り道をしないで欲しいので、今回は動画の作り方についての情報をシェアしたいと思います!

【初心者向け】YouTube動画の作り方「全体の流れ」を解説

まずは、投稿していく動画のテーマ(ジャンル)を決めますが、それについては以前の記事を参考にしてくださいね。

Step1.企画を立てる

次に、今回はどんな動画を撮影するのか、企画を立てます。

お笑い芸人でいったら、ネタ作り。漫画だとしたら、絵コンテ作りです。

動画のネタ作りの詳しい内容については、以前の記事を参考にしてください。


企画づくりは非常に重要です!

初心者のうちから、ここに力を注ぎ、四六時中考えるようになれたら、登録者1000人もあっという間に達成できるはず。

Step2.撮影の準備と計画をする

企画が決まったら、撮影の準備をします。

  • シナリオづくり
  • 材料や道具を揃える
  • 機材を準備する
  • 撮影のシーン事の時間割を決める(*)
  • 野外や別の場所で撮影するなら、お天気をチェックしながら日取りを決める
  • 撮影許可が必要な場合は、事前に依頼や届けをする

お天気や時間帯によって、映像の明るさや雰囲気が違ってきます。(外光なしの室内除く)

本番撮影前に、色んな時間帯で撮影してみて、どの時間帯がベストなのかなど、確認しておくと失敗がありません。

Step3.撮影する

計画した時間割に沿って、撮影していきましょう。


撮影には、カメラ・照明・音声の機材を使いますが、初心者のうちは、とりあえず手持ちのスマホやビデオカメラで撮影して慣れてから、徐々に照明や音声にも拘っていくということでも、よいと思います。


専門知識を学んでおきたい方のために、それぞれの機材の使い方など参考情報を掲載しておきます。

カメラ

カメラも、スマホ・一眼レフカメラ・ビデオカメラ・ドローンなど、いくつかの種類がありますよね。

どのカメラを使ったとしても、基礎となる知識は共通なので、以下に参考動画を貼っておきます。

プロが教えるビデオカメラの基本操作と設定 1-2 (シャッタースピードが明るさに与える影響)

照明(ライティング)

照明は、最初は手の届く範囲の機材で良いので、使ってみてはどうでしょうか。
映像の明るさが、全然違ってきます。


編集でも多少の調整できますが、やはり限界があります。
「キレイに見せたい。」という方は、照明機材をお試しください。


照明の使い方については、参考動画を貼っておきます。プロの知識が学べます。

プロが教えるライティングの基礎講座2(タングステンライトの解説)

音声(マイク)

ナレーション、音楽、ASMRなど、音質にこだわりたい方は、音声収録も大事な要素になりますよね。


マイクも、いくつかの種類があり、用途に応じた選択が必要です。
自分の映像にあったマイクを揃えて使ってみて下さい。

【閲覧注意】 偶然にも生放送中に映ってしまった恐怖映像

サムネイル写真

動画撮影とともに、忘れてはならないのが、サムネイル写真。(YouTube動画の入り口となる写真)
もしかしたら、動画撮影より、大事かもしれません。

なんと言っても、広告塔になるわけですから。

普段から、YouTubeのサムネイルを観察して、人気のある動画は、どんなサムネイルなのかを研究して、それをヒントに色んな角度やパターンで撮影してみます。

動画のワンシーンをサムネイルにすることもできますが、専用に撮影するのがオススメです。

Step4.編集する

編集が済んだら、いよいよ編集です。

初心者のうちは、ここが一番時間がかかるところかもしれません。

人によって必要となる編集作業は違ってきますが、以下より必要となる編集作業を行って下さい。

編集準備

動画を作る際に必要となる、動画・BGM・画像などの素材を揃えます。
尚、BGM選定は、動画の構成が決まってからでも、かまいません。

PCで編集する方は、動画やデータをPCに移します。

▶注意事項
動画編集では、多くのデータを扱うので、データを管理する方法やフォルダ構成を考える必要があります。

誤って、折角撮影したデータを消してしまわないように、編集する前にデータのバックアップ(コピー)を保存しておくことをオススメします。

参考までに、動画データのバックアップ方法や管理方法をまとめましたので、素材の管理方法を検討してみてくださいね。

動画編集

動画編集の流れは、以下の通りです。


これも、人によって、多少違う場合もありますが、基本ベースは変わりませんので参考にしてください。

  1. 撮影した映像を全部確認し、使用する映像だけを動画編集ソフトに取り込む
  2. 考えた構成(ストーリー)に従って、素材をタイムライン並べていく
  3. 素材の不要な部分をカットする
  4. 全体の流れができたら、タイトルやテロップ(映像の下に表示する文字)を入力
  5. オープニング・エンディング・効果音・BGMなどを挿入
  6. 出来上がったら、ファイルの書き出し(エンコード)をする

6のファイルの書き出しについては、以下YouTubeのルールをご確認ください。

YouTube でサポートされているファイル形式 - YouTube ヘルプ
Recommended upload encoding settings - YouTube Help
Below are recommended upload encoding settings for your videos on YouTube. Container: MP4 No Edit Lists (or the video might not get processed correctly) moov at...


動画編集のソフトの購入については、以下の記事も参考にしてください。

BGM選び

BGMを挿入する場合には、BGMを選んでいきます。

動画を作り終えてから選ぶか、先に選んで曲に合わせて動画を当てていくか。
これは、人それぞれです。

以下に、BGMの入手先を書きます。

【無料BGM】

  • YouTubeのオーディオライブラリー(YouTube Studioの左メニューの一番下)
  • DOVA-SYNDROME
  • Bensound(有料と無料あり)

【有料BGM】

効果音選び

効果音は、場面切り替えや、インパクトを与えるのに有効です。
ユーザー層によっては、うるさがられる場合もあるので、様子を見ながら挿入してみましょう。

【無料効果音】

  • YouTubeのオーディオライブラリー(YouTube Studioの左メニューの一番下)
  • 効果音ラボ

翻訳

海外の視聴者を獲得できる可能性のあるテーマの場合は、翻訳を入れてみましょう。
テロップとして、動画上に直接いれる方法と、YouTubeの字幕として入れる方法があります。

テロップとして、動画上に直接いれる場合は、後から修正できないので、念入りにチェックしましょう。

YouTubeの字幕の場合には、後から変更可能です。
YouTube Studioの左メニューの中ほどにある「字幕→対象動画選択」をして、画面指示に従い字幕追加をしていきます。

サムネイル作成

サムネイルを作成します。

ジャンル(テーマ)によっては、写真だけで文字を入れない方がよい場合もあります。

こちらも、同じジャンルの人気YouTuberなども研究しながら作ってみましょう。


iPhoneで作る場合には、以下の記事をご参考にしてください。

Step5.公開準備をする

動画を公開するにあたり、以下の準備をします。

  1. 書き出したファイルをアップロードする
  2. 動画のタイトル・概要欄(説明欄)・#ハッシュタグ・タグ・目次などの入力を行う
  3. 終了画面の設定をする
  4. 翻訳を入れる(必要な場合)

目次設定(チャプター)を入れる方法は、以下の記事を参照ください。


詳細については、別の記事にまとめます。

Step6.公開をする

公開準備が整いましたら、公開します。

公開の日付や時間は、スケジュール設定することもできます。

他の人気YouTuberは、どの時間帯・何曜日(毎日の人も多い)にアップしているかも、研究してみましょう。


以上がYouTube動画作りの流れになります。お疲れ様でした。

おまけ

最後に、参考になる動画をご紹介します。
Casey Neistatの動画です。

まるで映画のような、あらゆる角度や方法を使って、映像を撮っています。
最初から全てを取り入れるのは難しいですが、学べることが沢山あるので、参考にしてみてください。

Draw My Life – Casey Neistat

コメント

タイトルとURLをコピーしました